当科についてAbout

スタッフ紹介

調  憲
調  憲
教授
出身大学・卒業年次
九州大学・1986(昭和61)年卒
資格
医学博士、日本外科学会(専門医・指導医)、日本消化器外科学会(専門医・指導医)、日本肝胆膵外科学会(高度技能指導医)、日本移植学会(認定医)、日本がん治療(認定医)、日本肝臓学会(専門医・指導医)、日本消化器病学会(専門医)、日本胆道学会(指導医)、臨床修練指導医、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
研究分野
  • 肝切除適応の確立
  • 周術期におけるサルコペニアの意義
  • 肝再生とオートファジー
  • 肝癌・膵癌に対する肝・膵星細胞に注目した新しい治療戦略
  • 生体肝移植治療成績の向上
受賞暦
  • 第6回ふくおか「臨床医学研究賞」 財団法人「医療・介護・教育研究財団」2010
  • 平成22年度手術手技研究会 指定研究賞
  • 日本腹部救急医学会 平成24年度 学会賞
  • 第5回福岡県医学会賞奨励賞
コメント
患者さんのために一番よい安全な手術に基づいた肝胆膵癌の治療を1例1例考えていきます。
播本 憲史
播本 憲史
講師
出身大学・卒業年次
九州大学・1999(平成11)年卒
資格
日本外科学会(専門医・指導医)、日本消化器外科学会(専門医・指導医)日本肝胆膵外科学会(高度技能指導医・評議員)、日本肝臓学会(専門医)、日本消化器病学会(専門医)、日本移植学会(認定医)、日本内視鏡外科学会(技術認定医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)、日本消化器癌外科治療認定医
研究分野
  • 肝細胞癌における炎症関連マーカーと予後に関する研究
  • 癌におけるサルコペニアの意義に関する研究
受賞暦
平成26年日本肝臓学会第13回OTSUKA award
留学歴
2013.10-2014.3 
米国 Mount Sinai Medical Center 移植外科(Visiting physician)
コメント
肝臓・胆道・膵臓外科を専門にしています。患者さんが最適の治療を安全にうけられるよう日々努力しています。何でもご相談ください。
新木 健一郎
新木 健一郎
助教(部内講師兼任)
出身大学・卒業年次
群馬大学・2003(平成15)年卒
資格・専門医
医学博士、日本外科学会(外科専門医)、日本消化器外科学会(消化器外科専門医)、日本消化器外科学会(消化器がん外科治療認定医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)、日本消化器病学会(消化器病専門医)、日本肝臓学会(肝臓専門医)、臨床研修指導医、身体障害者福祉法第15条指定医、日本肝胆膵外科学会(評議員)、群馬肝癌検討会(世話人)、群馬胆膵疾患検討会(世話人)
研究分野
  • 肝胆膵悪性腫瘍におけるEpithelial Mesenchymal Transition(EMT)を介した浸潤・転移機構に関する研究
  • 悪性腫瘍における細胞運動とサイトカイン・分子機構に関する研究
  • 肝切除における門脈圧変動、肝静脈うっ血領域と肝不全との関係に関する研究
  • 腹腔鏡下肝切除における研究
受賞歴など
平成22年度 群馬大学大学院学術優秀賞
研究テーマ:Phosphoglucose isomerase/Autocrine Motility Factor(PGI/AMF)によるErk pathwayを介した腫瘍細胞運動の活性化とInterleukin-8の関与
海外留学歴
  • IHPBA Clinical Fellowship (2012-2013): Insititut Mutualiste Montsouris, France
    (Prof. Brice Gayet: Laparoscopic hepatobiliary pancreatic surgery)
  • Clinical Fellowship (2013): Hopital Paul Brousse, Centre Hepato-Biliaire, France
    (Prof. Denis Castaing, Prof Rene Adam: Liver surgery, Liver transplantation)
コメント
肝胆膵疾患に苦しむ患者さんへ、最善で先進的な治療を安全に提供できるよう努力しています。また留学経験を生かして、この領域の腹腔鏡手術にも力を注いでいます。気軽にご相談ください。
久保 憲生久保 憲生
久保 憲生
助教
出身大学・卒業年次
群馬大学・2004(平成16)年卒
資格・専門医
医学博士、日本外科学会(外科専門医)、日本消化器外科学会(消化器外科専門医)、日本消化器外科学会(消化器がん外科治療認定医)、日本消化器病学会(消化器病専門医)、日本肝臓学会(肝臓専門医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医(2016年4月~予定))
研究分野
  • 肝線維化抑制メカニズムの解明
  • 膵IPMNにおける悪性化機構について
  • 膵癌における新たな腫瘍マーカーの開発
受賞歴
第44回 日本腹部救急医学会総会 会長賞受賞
コメント
日々研鑚を積み、質の高い医療の提供を目指します。
渡辺  亮
渡辺  亮
助教
出身大学・卒業年次
群馬大学・2006(平成18)年卒
資格・専門医
医学博士、日本外科学会(専門医)、日本消化器病学会(専門医)、日本癌治療認定医機構(がん治療認定医)、日本消化器外科学会(専門医、消化器がん外科治療認定医)
研究分野
  • 肝胆膵悪性腫瘍におけるStathmin1の病勢マーカー・治療標的における研究
  • 肝胆膵悪性腫瘍における凝固因子の寄与における研究
  • 肝胆膵希少腫瘍における研究
  • 消化管ホルモンと消化管運動、周術期消化管運動に関する研究
受賞歴など
  • 第114回日本外科学会定期学術集会 若手優秀演題賞 肝胆膵
    研究テーマ:Stathmin1(STMN1)は胆管癌において浸潤能・運動能に関与し、術後生存において独立予後因子となる
  • 平成26年度日本消化器癌発生学会 研究奨励賞
    研究テーマ:IPMNにおいてSTMN1は増殖シグナルを活性化させ発癌に寄与する
  • 平成26年度 群馬大学大学院学術優秀賞
    研究テーマ:胆管癌においてStathmin1はp27発現を制御し増殖能、抗癌剤感受性に関与し臨床的な予後不良と相関する
  • 第9回 群馬大学医師会賞
コメント
患者さんのために、新たな医学的発見のために、日々の臨床を頑張っていきます。
五十嵐 隆通
五十嵐 隆通
助教
出身大学・卒業年次
高知大学・2007(平成19)年卒
資格・専門医
医学博士、日本外科学会(専門医)、日本消化器外科学会(専門医、消化器がん外科治療認定医)、日本肝臓学会(肝臓専門医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
研究分野
  • 膵癌進展におけるエンドソーム関連蛋白発現の意義
  • 大腸癌肝肺転移における遺伝子変異解析
コメント
一人ひとりの患者さんに対し、誠実な医療を心がけます。よろしくお願い致します。
塚越 真梨子
塚越 真梨子
医員
出身大学・卒業年次
群馬大学・2008(平成20)年卒
資格・専門医
医学博士、日本外科学会(専門医)、日本癌治療認定医機構(がん治療認定医)、日本肝臓学会(肝臓専門医)
研究分野
  • 胆管癌における輸送蛋白制御と抗癌剤感受性
  • 胆管癌における自然免疫応答の意義
  • 膵癌に対する新規ペプチドワクチン療法の開発
受賞歴
2014年度 国際外科学会日本部会 The Young Investigator Award
コメント
ひとりひとりの患者さんに、よりよい治療と心のやすらぎを与えられるよう努力していきます。
石井 範洋
石井 範洋
医員(大学院生)
出身大学・卒業年次
山形大学・2009(平成21)年卒
資格・専門医
日本外科学会外科(専門医)、日本消化管学会胃腸科(専門医・指導医)、日本がん治療認定医機構(がん治療認定医)
研究分野
  • 肝胆膵領域癌におけるバイオマーカー研究
  • 膵癌幹細胞の治療抵抗性に関わる研究
  • 膵癌における膵星細胞に着目した新しい治療戦略
コメント
患者さんにとってよりよい医療を提供できるよう、臨床・研究ともに頑張ります。
山中 崇弘
山中 崇弘
医員(大学院生)
出身大学・卒業年次
群馬大学・2012(平成24)年卒
コメント
医学の発展のため、日々研究を頑張っていきます。
萩原  慶
萩原  慶
医員(大学院生)
出身大学・卒業年次
群馬大学・2011(平成23)年卒
資格・専門医
日本外科学会(専門医)、緩和ケア講習会終了
研究分野
  • サルコペニアと肝再生
  • 胆膵癌のがん関連線維芽細胞をターゲットとした治療開発
  • IPMNの癌化マーカーとしての糖鎖変異
コメント
常に患者さんのことを第一に考えて、臨床・研究ともに頑張らせていただきます。
Dolgormaa Gantumur
Dolgormaa Gantumur
研究生(大学院生)
コメント

Dolgormaaさんは2016年9月から大学院生として我々のチームに加わってくれました。
以下、ご本人からのself introductionです。

I am from Mongolia.
I have graduated Medical school of Mongolian National University of Heath Sciences in 2013.
In 2015, I have specialized as a Diagnostic Radiologist in Shastin Central hospital in Mongolia.
I am keen to understand the molecular biology of hepatobiliary and pancreatic cancer.
Thank you very much.

Sincerely yours.

坂  由季
教授秘書